インナーヒルズの愉快で心がはずむ旅行記

写真と動画による旅行先での非日常的体験の記録

世界遺産の国立公園にあるビッグウォーターフォール

プリトヴィッツェ湖畔国立公園は今回のツアーで2つ目の世界遺産です。公園はとても広くて、全てを見るためには少なくとも丸1日かかりますが、ツアーではその一部だけを観光することになります。 以下の看板の全体図で言うと、ホテル イェゼロのある中央の部…

トリュフの本場イストラ半島で食べるトリュフのパスタ

ポレチェからバスで45分位走ってロヴィニィに到着しました。ロヴィニィはアドリア海に面した港町で、旧市街の中心にはひと際高い教会の鐘塔が建っていて、それがロヴィニィのシンボルとなっています。海岸線ぎりぎりに建てられた建物が、まるで絵画のように…

クロアチアの世界遺産の教会で見る黄金のモザイク画

ピランからバスで45分間位でサヴドリアに到着。ここはピランから湾を挟んで反対側の岸にあります。つまり湾を挟んで北側がスロベニアのピランで南側がクロアチアのサヴドリアになります。 本日宿泊するホテルは サヴドリアにあるKEMPINSKI HOTEL(ケンピンス…

トロッコで行くスロベニア最大の鍾乳洞

ポストイナ鍾乳洞はブレッド湖のホテルからバスで1時間半走った所にあります。スロベニアは大地が主に石灰岩でできているので、雨水によって地中の石灰石が浸食されてできる鍾乳洞が国内にたくさんあります。 中でもポストイナ鍾乳洞は最も大きな規模で全長…

スロベニアの首都リュブリャナ観光 ドラゴンの橋

昼食はブレッド湖畔にあるHOTEL TRIGLAV(ホテル・トリグラフ)という日本の皇室の方も訪れた事もあるレストランでいただきました。このホテルは100年以上の歴史があるそうです。 レストランの窓からはブレッド湖が一望でき、ブレッド島も程よい距離に見える…

雨のブレッド湖

ブレッド湖で宿泊したホテルは、ブレッド湖畔にあるVILA BLED(ヴィラ・ブレッド)というホテルです。このホテルは旧ユーゴスラビア時代にチトー大統領の夏の別荘だったそうです。 ホテル内には第二次大戦中に国家の樹立を目指した「ユーゴスラビア闘争」を…

JAL特製オリジナルビーフカレー

2017年9月にJALパックのツアーでクロアチアに行きました。巡った国としては主にスロべニアとクロアチアの2国です。この地域はヨーロッパの中でもまだ日本からの直行便がないので、日本からの観光客が比較的少ない地域です。 ツアー名は「イストラ半島も巡り…

かやぶきの里

9月12日(土)に京都府南丹市にある美山町の「かやぶきの里」に行ってきました。美山町には数多くのかやぶき屋根の家屋が残っていて、国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されています。「かやぶきの里」のマップのWebページは以下です。 「かやぶきの里…

だんじりまつり

今年はコロナウィルスの影響で様々なイベントが中止になってしまいました。毎年ならちょうど今の時期、9月の中旬は岸和田のだんじりまつりが開催されていて、ほぼ毎年見に行っていたのですが、今年は中止になってしまい残念です。 そこで今回に限り、趣を変…

フロイエン山からの眺望

フロム山岳鉄道は、フロムとミュルダール間の約20kmの急勾配を約1時間かけて走る鉄道で、山間部を走る鉄道として人気があります。車内は木材が張られて暖かい質感になっています。 車内のモニタには運行中時々刻々フロム山岳鉄道の歴史や見どころなどを色々…

ソグネフィヨルド

ソグネフィヨルドのクルーズ船はフロムの港から出発します。デッキには多くの乗客が居て、特に中国人が多いなという印象でした。 出発するとすぐにたくさんのウミネコが観光客からエサをもらおうと船の周りに寄ってきました。観光客もエサを空中に投げたり、…

ブリクスダール氷河

氷河というと前時代的な印象を受けますが北欧などに行けば今でも現実に存在しています。ただ地球温暖化の影響を受け急速に解けていっている事も事実です。 ブリクスダール氷河は観光客が氷河のすぐ前まで行くことができて、そのダイナミックな状態を自分の目…

ガイランゲルフィヨルド

ノルウェーでは代表的なフィヨルドは5つあり、今回のツアーではその内2つのフィヨルドでクルーズ船に乗る予定です。ガイランゲルフィヨルドとソグネフィヨルドです。まずはガイランゲルフィヨルドクルーズに出発です。 ガイランゲルフィヨルドは2005年にユネ…

ホテルユニオンの滝

今日はフェリーを降りてからバスで8時間もかけて、ようやく最終目的地のガイランゲルが見えるフリーダルスユーエ展望台までやってきました。 フリーダルスユーエ展望台から見える景色は壮大です。フィヨルドの湾とガイランゲルの町が眼下に見え、両側を高い…

スターヴ教会

オスロに到着後はバスで一日かけて「ガイランゲル」というフィヨルド観光の起点になる場所まで移動します。バスの車窓からは、さきほどまで乗っていたフェリーが見えます。フェリーを後ろ側から見ると改めてその大きさが判ります。 バスは水面が美しい青色を…

DFDSシーウェイズ

フェリーに乗船する前に、希望者が税関で免税認証の手続きをしに行くことになります。 今回のツアーで訪れる、フィンランド/スウェーデン/デンマーク/ノルウェーの4か国は全てシェンゲン協定に加盟しているので国境でのパスポートチェックはありません。 し…

人魚姫の像

観光4日目は、まずコペンハーゲンで最も有名というより北欧で最も有名な「人魚姫の像」を見に行きます。 「人魚姫の像」に行く途中の公園には「ゲフィオンの泉」という噴水があります。噴水の中央に女神が4匹の牛をムチ打っている像があるのですが、女神が今…

高速鉄道

観光3日目はストックホルム郊外にあるドロットニングホルム宮殿の観光に向かいます。 ドロットニングホルム宮殿は「北欧のヴェルサイユ」とも言われ、1991年に庭園も含めてユネスコの世界文化遺産にも登録されています。 まずは庭園の見学です。庭園の門を入…

アイアンボーイ

観光2日目は朝の航空便でフィンランドのヘルシンキからスウェーデンのストックホルムに移動します。 ストックホルム到着後最初に向かったのは、ノーベル賞の晩餐会が開かれる事で有名な「市庁舎」です。「市庁舎」は「メーラレン湖」という湖のほとりに建て…

岩の教会

ヘルシンキに到着して最初に向かったのは「岩の教会」と言われる「テンペリアウキオ教会」です。ヘルシンキの中心部からバスで15分ほど行ったところにあります。 ヘルシンキは大きな岩がたくさんある都市です。観光バスの車窓から町を見ていても、岩が露出し…

初めてのビジネスクラス

2015年の8月にJTBのツアーで北欧4カ国(フィンランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー)へ旅行に行った時のことを書きます。それまでは海外旅行に行くときはいつもエコノミーで行っていましたが、この時は生まれて初めてビジネスクラスで海外旅行に行…

プノンペンの夜

4連泊したホテルを引き払って今日は日本に帰る日です。昼食はシェムリアップ市内の「TROPICAL」というレストランでタイ鍋をつつきます。 大き目の鍋に豚肉やら魚貝類やら野菜をこれでもかと入れて、ぐつぐつ煮込みます。最初に全ての具材を入れてしまうのが…

トンレサップ湖

ツアー最終日の午前中はフリータイムなので「トンレサップ湖」のオプショナルツアーに行くことにしました。現地ガイドも同行してくれます。参加したのは私達2人だけでした。他の人は最終日はホテルでマッサージを受けたりして過ごすそうです。 「トンレサッ…

天空の寺院

観光3日目はカンボジア北部の隣国タイとの国境近くの山の上にある「プレアヴィヒア寺院」遺跡に行きます。 シェムリアップからは片道3時間半もかかるので昨日まで乗っていたマイクロバスではなくて、今日は大型のバスに乗ってホテルを出発します。郊外のガタ…

ドリアン試食

オールドマーケットに到着すると添乗員が「ドリアンを食べてみませんか。」と言い出して、屋台の店でドリアンを試食することになりました。 ドリアンは果物の王様とも呼ばれていて味わいは濃厚ながら匂いが強いためにホテルへの持ち込みが禁止されているよう…

ラーフと獅子舞

早朝から観光に出かけた事もあって、ホテルには午前9時前には戻ってくることができました。ホテルで遅い朝食を食べることにします。 バイキング形式の朝食会場には「フォー」のコーナーがあり、麺をきしめん風かラーメン風かシラタキ風かの中からどれかを選…

れんじ窓とデバター像

遺跡のいわゆる本殿と言われてる所は、最も外側を「第一回廊」という城壁のような四角い回廊で囲まれていて、その内側を「第二回廊」で囲まれています。これらの二重の回廊で囲まれたさらに内側に「第三回廊」と一体になった「中央祠堂」があります。 見事な…

逆さアンコールワット

観光2日目はいよいよ「アンコールワット」遺跡の観光です。ホテル出発の時刻は午前5時、当日の日の出の時刻が6時20分頃なので外はまだ真っ暗です。「アンコールワット」遺跡はシェムリアップの町中からバスで10分位走った所にあります。昨日訪れた「アンコー…

アプサラダンス

お昼前後の暑い時間帯は観光には適さないのでホテルで過ごします。午後の観光まで時間があるのでホテル内でフットマッサージを受ける事にしました。 ジーンズの裾を上げてソファに座った状態で若い女性のスタッフが片足ずつマッサージしてくれます。片足15分…

山のような四面塔

観光初日は晴天です。というよりこの時期カンボジアは乾季で基本雨は降らない時期にあたります。ツアーの最終日まで晴天が続きました。ツアー参加者6名と添乗員(女性)と現地ガイド(男性)の8名がマイクロバスに乗ってホテルを出発です。 今回ツアーで観光…